外壁塗装の塗り回数の差異について解説

外壁塗装の塗り回数の差異について解説 外壁塗装リフォームは、3回もしくは4回の重ね塗りを行って自然の猛威から外壁を守る事が出来るようにして貰えます。
3回もしくは4回と言うのは差異があるわけですが、外壁塗装の基本は下地をしっかりと作り上げる事であり、下地がしっかりと出来ていなければ、どんなに優れた塗料を使っても、その塗料の性能を発揮する事が出来ないため、下地を綺麗に作り上げる事が品質を変える事になります。
下地調整を行った後は、塗料を使って外壁を塗装する事になるわけですが、1回目の塗装は下塗りと言われているもので、下地と2回目の塗料の接着を行うと言う重要な塗装になります。
下地にしっかりと塗料を付着させる、そして2回目の塗る塗料のプライマーの役割があるのです。
プライマーと言うのは接着剤と言う意味を持つものであり、1回目の塗料はプライマーとも言われています。
2回目に塗る塗料は外壁に塗膜を作り上げると言う役割があり、3回目は家のデザインを決めるための重要な塗装です。
但し、4回の重ね塗りの場合は、4回目の塗料が家のデザインを決める部分であり、3回目の塗料は塗膜を作ると言う違いがあります。
そのため、3回よりも4回の方が塗膜の厚さが出ると言う差異があるのです。

外壁塗装の耐久性はどれぐらいかというと

外壁塗装の耐久性はどれぐらいかというと 外壁塗装は塗装を行う前の下地調整をしっかりと行う事で塗料のグレードに応じた耐久性を得る事が出来ます。
下地調整と言うのは、外壁の汚れを落とす高圧洗浄作業、劣化した外壁のメンテナンスなどであり、塗料を塗る時の下地が綺麗に仕上がる事で、塗料を重ね塗りして行くと、塗膜と言われている塗料の膜が外壁にしっかりと定着をして、雨を弾き飛ばしてくれる外壁に戻す事が出来ます。
新築の時には、雨が外壁に降り注いでも雨を弾き飛ばしてくれます。
しかし、外壁と言うのは自然からの力により日々劣化を引き起こし、雨を浸み込みやすいものへと変えてしまいます。
外壁塗装を行う事で、耐久性が新築時の状態に戻るため、家を守る事が出来るようになるのです。
尚、外壁塗装に利用する塗料には、アクリル系塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素樹脂塗料などがあり、最近はシリコン塗料とフッ素樹脂塗料の中間的存在でもあるラジカル塗料が登場しており、塗料のグレードに応じた耐用年数があります。
シリコン塗料などの場合は10年前後、フッ素樹脂塗料などの場合は15年前後の耐久性を持つと言われており、耐用年数が長くなる事でコストも高くなるのが外壁塗装の塗料の特徴です。

外壁塗装に関する情報リンク

外壁塗装やリフォーム、防水、外壁改修工事に即対応する業者のサイト

東京の外壁塗装業者