近隣に迷惑がかかる?

近隣に迷惑がかかる? 近々、外壁塗装を考えている方はいませんか。
外壁塗装と言えば、近隣住民に迷惑がかかってしまうのではと心配される方も多いかと思います。
実際、外壁の塗装で近所の住民に迷惑になってしまうことはあるのでしょうか。
結論から言いますと、外壁の塗装で近所の迷惑になってしまうことはほとんど無いと言えるでしょう。
通常塗装をする際には、住宅を覆い、不必要なところに塗料が飛ばないよう配慮します。
そのため、近所の家に塗料が飛んで迷惑をかけてしまうということはまずありません。
ただ、塗装を行うにあたって、塗装業者が住宅前に道具や車を置くため、極端に道幅が狭い場合や奥まったところに住宅がある場合は、業者が道を塞いでしまうこともあります。
そういった可能性がある場合は、事前に業者に連絡して近くの駐車場を利用してもらうなどの対策も必要です。
また、工事の際に気になる音ですが、外壁塗装の場合はさほど気にする必要はありません。
工事中の音で気になるのは、足場を組む音や話声くらいであり、長時間続くものでもありませんので、特に迷惑にはならないでしょう。
外壁塗装の場合は、あまり近隣への影響を気にせず、安心して工事に踏み切りましょう。

外壁塗装工事が行われる時間

外壁塗装工事が行われる時間 外壁塗装は対象となる物件の規模や材質、季節や天候などによってもどれほどの時間がかかるのかが異なります。
通常は予算的な見積もりとあわせて施工会社でも工程表を作成しているはずですので、これを見てあらかじめ生活上の対応をしておくのが望ましいといえます。
一般には外壁塗装の下準備として、まずは塗装を行う場所に金属の足場を設置し、高圧洗浄をして表面の汚れなどを取り除きます。
このあと乾燥させるのにも時間が必要で、しっかりと乾燥させないと塗料の密着性が落ちるなどの弊害があります。
さらにひび割れた箇所の補修やコーキング、シートやテープでの養生をした上で実際の外壁塗装の作業がはじまります。
この作業も下塗り、上塗りなど複数回にわたって行うのが一般的です。
最後に足場の撤去などの撤収作業も必要となりますので、一般的なマイホームであれば2週間程度、規模がそれほど大きくないマンションでも1か月程度は見ておいたほうがよいことになります。