外壁塗装の塗装工事でのひとつである上塗りについて

外壁塗装の塗装工事でのひとつである上塗りについて 外壁塗装は3回から4回の重ね塗りをするのが特徴です。
重ね塗りをする理由は、外壁に塗料の膜を定着させるためであり、しっかりとした塗膜が外壁に定着すると紫外線や雨などの自然の猛威から外壁を守る事が出来るようになります。
外壁塗装の中でも最終的な色を決めるのが上塗りです。
但し、上塗りと言うのは1回だけの場合と2回重ねて塗る場合があるので、最後にどのような色を使って塗装を行うのかにより家の印象も変わる事になります。
最終的な色をどのようなものにするのか、外壁塗装を行う人の多くが悩むかと思われますが、塗料の色を選ぶ時には小さなカラーサンプルの中から希望の色を選ぶ事になります。
カラーサンプルで選んだ時には良い印象でも、実際に塗装を行って貰うと印象とは違うと言うケースもあります。
一度外壁塗装を行えば、10年前後そのままの状態になるので、カラーサンプルを見る時には太陽の下で外壁に押し当てるようにして色選びを行うのがお勧めです。

外壁塗装の外壁はローラー、雨樋などは吹き付けで

外壁塗装の外壁はローラー、雨樋などは吹き付けで 外壁塗装と言うと、住宅の外壁だけを塗装すると言ったイメージを持つ人も多いのですが、外壁には雨樋や換気扇、屋根と繋がっている部分でもある軒天井や破風板などがあり、外壁だけを綺麗に塗装をすると、外壁に付随する部分の汚れが目立つため、これらの箇所も外壁塗装を行う際にはまとめて補修や塗装を行う事になるのが一般的です。
塗装を行う場所により、塗装の方法も様々であり、刷毛を使って外壁を塗る事もあれば、塗料の種類によってはローラーを使って伸ばすようにして塗料を塗る事もあります。
また、雨樋などはローラーでは塗る事が出来ないので吹き付けて塗料を塗ると言った具合に、それぞれの箇所に最適な方法で塗装を行って行く事になります。
因みに、吹き付けを行う場合、風が強い時などは綺麗に塗る事が出来ないので、天候により外壁塗装工事は中止になる事もあります。
また、水性塗料を使う場合には雨が降っている時には塗装が出来ないなど、外壁塗装は天候に応じて作業性も変わります。