外壁塗装の塗料は、ウレタン、シリコン、フッ素

外壁塗装の塗料は、ウレタン、シリコン、フッ素 外壁塗装の塗料には一般塗料として、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素樹脂と言った種類があります。
また、ラジカルと言われている塗料が近年登場しており、シリコンとフッ素樹脂の中間的存在になっています。
因みに、ラジカル塗料は、他の外壁塗装用の塗料とは異なり、紫外線や酸素、水と言った外壁を劣化させてしまう要因の事をラジカルと呼んでおり、紫外線や酸素、水と言った影響を受けて発生するラジカルの影響が受けにくい塗料になります。
アクリルやウレタンと言うのは塗料に含まれている樹脂成分の事を意味しており、どのような樹脂成分が含まれているのかにより外壁塗装の耐用年数が変わると言った特徴があります。
尚、ウレタン塗料の場合は5年から7年と言う耐用年数になると言われていますが、住宅がある場所や環境に応じて、耐用年数は短くなる事もあれば、長くなる事もあるなど、ウレタン塗料を使った場合は、5年から7年の中で繰り返し外壁塗装を行う事で外壁を自然の猛威から守る事が出来るようになります。

外壁塗装の塗料や作業の種類は沢山ある

外壁塗装の塗料や作業の種類は沢山ある 外壁塗装に利用する塗料には、一般塗料と機能性塗料と言う2種類に分ける事が出来るのですが、その内訳をみると塗料には沢山の種類がある事が分かります。
一般塗料にはアクリル系塗料を初め、ウレタン塗料やシリコン塗料、そしてフッ素樹脂と言った塗料の樹脂成分による違いがある塗料の種類がありますし、機能性塗料には紫外線が照射されると汚れが浮き上がり、雨が降った時に汚れを落としてくれると言うセルフクリーニング機能を持つ光触媒塗料、外壁に照射する太陽光を反射する作用を持つ遮熱塗料やカビの発生を抑えてくれる防カビ塗料などの種類があります。
更に、これらの塗料の中には溶剤を混ぜて使うタイプと、溶剤にシンナーを使う油性塗料と水を混ぜて使う水性塗料、そのまま外壁塗装に使う事が出来る塗料など様々です。
また、外壁塗装と言うのは、ペンキを使って外壁を塗るだけではありません。
外壁塗装は高所作業になるので足場の組立、養生の設置、高圧洗浄や窓ガラスなどへのマスキング、外壁の補修やメンテナンスと言った沢山やらなければならない作業もあります。