外壁塗装の屋根塗装リフォームをすると

外壁塗装の屋根塗装リフォームをすると 外壁塗装をする人は多いのですが、屋根塗装をする人は少ないのが現状です。
見た目が美しくなるのが外壁塗装なのに対して、屋根塗装をする効果をいくつか検討してみましょう。
1、太陽光から住宅を守ることができる
2、雨漏りを防ぐことができる
3、住宅全体の耐久度をあげられる
それぞれを具体的に考えていきます。
1、太陽光に当たる率が高い場所は損傷が激しくなります。
最初は色あせだけだったものが焦げて穴が空いてしまうこともあります。
塗装をすることでコーティング効果があります。
2、長年風雨にも耐えている為浸食することがあります。
塗装をすることで雨漏りを防ぐことができて、将来的に大規模リフォームをすることを避ける手段にもなります。
3、住宅は20年程度で建て替えが必要になると言われています。
メンテナンスをしていない為に損傷が内部にまで及んでしまうことが原因です。
住宅の骨組みが損傷しなければ建て替える周期を長くすることができます。

外壁塗装の工事は保険が適用される業者で

外壁塗装の工事は保険が適用される業者で 外壁塗装によって外壁の劣化やひび割れ箇所からの雨漏りを未然に防ぐことができます。
住宅の劣化を防ぐためにも10年や15年に一度行っておくことがおすすめです。
手持ちの資金が少ない人は火災保険の適用となる外壁リフォームを行うことが有効です。
火災保険が適用になるためには風災が保険の範囲内に含まれていて、外壁診断士に風災と認めてもらう必要があります。
風災と認めてもらうためにも申請経験が豊富な外壁塗装業者を利用することがポイントです。
申請が審査に通るノウハウを持っているので一括見積もりなどで複数の業者から探してみることが一番です。
堂々と権利を主張して外壁塗装の費用を浮かせることが可能です。
長期的にメンテナンスを使用と思っている人は各社の適用範囲など規定事項を良く確認してから火災保険に加入しておくことが重要です。
定期メンテナンスだけでなく、自然災害からも守ってくれるので建物や家財が被害にあったときに安心できます。